豆知識

おはぎ・ぼたもち・もち米の豆知識

おはぎ

今ではいつでも気軽に食べられるおはぎも、昔は貴重な季節限定のごちそうでした。
おはぎという名前の由来は、秋のお彼岸ころに咲く萩の花。おはぎの小豆の粒を散らした様子が、萩の花に似ているからといわれています。

ぼたもち

おはぎとぼたもちは違いは?
ぼたもちの名前の由来は、春のお彼岸のころに咲く牡丹の花。
お皿に並べると牡丹の花のようだからといわれています。呼び名が違うだけみたいです。「棚からぼたもち」ということわざは、寝ているとぼたもちが棚から落ちてきて口に入るようなおいしい話という意味だそうです。
サザエでは一年中おはぎと呼んでおります。

もち米

サザエのおはぎは、北海道のもち米のおいしさがもち味。粘りとやわらかさが長持ちする北海道のもち米は、おはぎはもちろん、おこわ、和菓子などにぴったりなのです。おはぎのもち米は、もちになるまでついたのを「ぼたもち」、米の粒が残ったいるのが「おはぎ」という説もあるそうです。
サザエのおはぎのようなつぶつぶのもち米を「半殺し」と呼ぶこともあります。

小豆・つぶあん・こしあんの豆知識

小豆

小豆は北海道を代表する農作物のひとつです。北海道の小豆は、風味が良く人気です。小豆はたんぱく質が豊富で、ビタミンや食物繊維もたっぷり含んでいるといわれています。お彼岸は暑い夏や寒い冬を迎えようとする季節の変わり目なので、そういう時に小豆を食べるのは健康に良いという。昔の人の知恵なんですね。

つぶあん・こしあん

つぶあんとこしあん、あなたはどっちがお好きですか?サザエのおはぎは小豆の風味を生かしたつぶあんが魅力のひとつ。もちろんこしあんもちゃんとご用意しています。秋にとれる小豆は、冬を越すと皮がかたくなるので、春はこしあんが適しているという説もあります。

春分の日・秋分の日・お彼岸の豆知識

春分の日・秋分の日

昼と夜の時間が同じ日。なぜ祝日かというと、春のお彼岸は自然をたたえるため、秋のお彼岸は先祖をうやまうためなんだそうです。ほとんどの祝日は日付が決まっていますが、春分の日と秋分の日は天文学的に予測します。国立天文台が毎年2 月に翌年の春分の日・秋分の日を発表しています。

お彼岸

お彼岸というのは、春分の日・秋分の日をまん中にした前後3 日間、あわせて7 日間のこと。春のお彼岸は農作業がはじまる時期で、秋の彼岸は収穫の時期なのです。昔の農家の人は、おはぎを作ってみんなで食べて、豊作を願ったり、実りを感謝したりしました。
「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざもあります。