サザエのあゆみ

小さな食堂「サザエ」

昭和32年、函館の朝市にできた小さな食堂「サザエ」が、サザエ食品のはじまりです。
おはぎは最初、サザエの母さん(創業者 野村とみ)が、
従業員や子供のおやつとして作ったもの。
大人のげんこつくらいの大きなおはぎを見たお客さんに
「おいしそうだな」と言われ、おすそわけしていました。
試しに市場の中で売ってみると
あっという間に売り切れに。
当時1個10円で、安くて、大きくて、おいしいと大評判。
サザエは食堂から、おはぎのお店になりました。

ぼたもち

当時、おはぎは買うものというより、家で作るものでした。

サザエのおはぎは、サザエの母さんの、その母さんの手づくりの味がお手本です。
あんは小豆と砂糖、 塩だけで作り、 毎日毎日2俵のご飯を炊いて、ひとつひとつ手づくりで握ります。
すべて手づくりですから、それこそお彼岸などは体力の続く限り働きました。
そのうちにだんだんと人手をふやし、 きちんとしたかまどや鍋、あんを練る機械なども揃えていきました。

いつのころからか、私たちは自然に「札幌へ出よう」と考えていました。
昭和40年ころから準備を進め、昭和41年には
札幌中の島におはぎ屋とレストランをオープンさせたのです。

多くの人に食べてもらいたくて。

やがて、評判を聞きつけた北海道のデパートから「店を出しませんか」と声がかかるようになりました。
1980年には、北海道内30店、東京には10店を出店しました。
東京で知っていただくのはなかなか難しいことでしたが、じっくりとお店を育てていきました。
ハワイでの北海道物産展に参加したこともあります。
日系の人たちからは、お母さんの味だ、
おばあちゃんに作ってもらったことがある、
と大好評。
おはぎは日本の食文化とも言えるでしょう。

北海道の素材にこだわります。

サザエが使っている材料は、小豆が十勝産、もち米も北海道産。
1987年には、小豆のふる里・十勝の池田町にあんの工場を作りました。
工場ができたことでサザエのおはぎはさらに「十勝おはぎ」になりました。
サザエがいつも大切にしているのは、お客様の声です。
誰だっておはぎには思い出があり、 ふるさとの風景があります。
そんなお客様の声に耳を傾けながら、
サザエは今日もおはぎを握ります。